テニスのボレーでは昔から横を向いて打つようにと言われてきました。現在同じように教えているスクールもあるとは思いますがそれは一昔前の打ち方です。

現代テニスでは横向きになることはなく、極力前向きで打つというのが主流になっています。なぜ前向きで打った方が良いのかというと、まず一つに打点が前になり力が入りやすいからです。

 

ボレーは基本的に振らないで面を合わせるだけと言いますが、身体を横に向けて打とうとするとどうしても打点が後ろになり、力が入りにくくなります。力の入らない打点で打つとボールの勢いに押されてしまい、面が安定しません。押されないようにしようとすると力が入りすぎて振ってしまい、ミスをしてしまう原因になります。

 

それに対して身体を前に向けて打つことで打点が前になり力が入りやすくなります。そうなるとボールの勢いに押されにくくなり、面がぶれずに安定したボレーになるでしょう。

 

もう一つのメリットとしては前を向くことでネットに詰めやすくなるということです。横を向きながら前に走るのは不自然でチャンスボールがきても、前に詰めるのが遅れて打点を落としてしまいがちです。

しかし前を向くことで自然に走る形になりネットににも詰めやすくチャンスボールを逃さずに打てるようになってきます。

 

以上のことからボレーは横向きではなく、前向きで打つようにするべきでしょう。

スポンサーリンク