テニスのラリー練習でクロスラリーをしている方は多いと思います。

しかしたまにクロスラリーをしているのを見るとただボールを打っているだけで、正しいクロスラリーができていない方を見かけます。クロスラリーでは試合を想定してやる必要があり正しい練習方法をすることで試合に繋がる良い練習になることでしょう。

この記事では図を使って説明していくので参考にしてもらえればと思います。

クロスラリーは打ったらセンターに戻るのが大切

まず最初にNGパターンから紹介します。

クロスラリーで打った後に最初のセンター付近に戻らず、ボールを打ったままのポジション、シングルサイドライン付近で構えてしまうのは良くありません。

ラリー練習というのは相手が打ってきたボールに対して、どうやってフットワークを使い正しい打点で打つことができるのかを練習することが大切なため運動量を減らしてしまっては意味があまりありません。

 

 

OKパターンはこちら

ボールを打ったらセンター付近に毎回戻るようにすることがクロスラリーでは大切です。

シングルスで試合をしているときは打った後に元のポジションに戻りますよね。それと同じでクロスラリーでも戻ることで試合に近い感覚でラリー出来ますし、動いて打つことで相手の打ったボールに対して正しいフットワークが身に付き試合に役立ちます。

 

もし相手が角度をつけてきてコートの外に追い出せれてしまった場合はスライスやスピンなどの遅いボールを打って戻る時間を作るようなボールを打てば試合でも上手くディフェンスができるようになるでしょう。

 

 

この練習方法は動く量が増えるので疲れますが、試合で勝つためには重要なことであり、テニス上級者の間では常識です。

疲れるのできついですが意識次第でできるので普段しているクロスラリーを見直してこの練習方法をしていきましょう。

スポンサーリンク