速いサーブに対応するにはコンパクトに打つという他にも慣れるというのが大切になってきます。

しかし近くに速いサーブが打てる人がいなかったり、速いサーブが打てても安定して入らないと練習になりませんよね。

そこでこの記事では誓うにビッグサーバーがいなくてもできる速いサーブに対応するための練習方法を図を使って紹介していきます。

サーバーのポジションを工夫する

速いサーブというのは相手がボールを打ってから自分のとこに来るまでの時間が速いのが特徴であり、その状況に似せて練習すれば良いのです。

ではどのようにして似た状況を作ればよいのかというとサーバーのポジションを工夫していけばよいのです。

上の図のようにサーバーは普段よりポジションを前にしてサービスライン付近から打つようにしましょう。

 

そうすることでサーバーが打ってからレシーバーに届くまでの時間が短くなり、ビッグサーバーがサーブを打った時と似たような状況になります。

 

最初はセンターに打つかワイドに打つか決めて打つようにして練習していき、慣れてきたところでランダムにして打つのがお勧めです。

 

 

この練習はレシーバーだけではなくサーブでコントロールする練習にもなるのでお互い良い練習になります。

練習のポイントとしてはサーバー側はコントロールを第一に考えて打ちにいき、慣れてきたら少しずつスピードを上げていきましょう。レシーバーにポイントとしてはコースが分かっていても大振りにはならずにコンパクトにスイングしてしっかりコントロースすることです。

 

 

ビッグサーバー相手には慣れているかどうかが大事なのでこの練習をして対策していきましょう。

スポンサーリンク