フォアハンドでスピンを打つときに手首をコネて打っている方はなるべくやめましょう。

スピンというのはコネなくても下から上に振れば自然にかかるものですし、コネることで悪影響。デメリットが発生します。

この記事ではコネてはいけない理由、デメリットを紹介していきます。

ボールが伸びなくなる

まず最初に、確かにコネるとスピンはかかりコートに入るようになるのですがボールが伸びなくなってしまいます。

 

スピンでボールが伸びなくなると浅くなり、それが高くはなることで相手からしてみると打ちやすいボールになってしまいます。

伸びなくなることで攻撃的なボールでなくなるだけでなく、相手にとってチャンスボールになってしまうのです。

 

そこで無理に深く打とうとするとバランスを崩してしまいミスが増えてしまいます。

フレームショットが増える

フレームショットになる原因として多いのはフォロースルーが小さかったり、アウトサイドインでラケットを振ってしまうことにあります。

 

手首をコネて振ってしまうとこの二つの条件を満たしてしまい、フレームショットが増えてしまうでしょう。

フレームショットというのはセンスの問題ではなく、フォーム次第で減らすことができるので、インサイドアウトでフォロースルーを大きくするようにしましょう。

 

最後に

いかかでしたでしょうか。コネていると自覚を持っている方はここで紹介したデメリットも該当しているのではないでしょうか。

 

ボールを入れたくなるとスピンをかけたくなり、その考え自体は良いのですがコネてしまってその場しのぎになってしまうと伸び悩んでしまうでしょう。

正しいスピンのかけ方を覚えてミスの少ない伸びのあるボールを打てるようにしていきましょう。

スポンサーリンク