サーブの基本として腕を内旋させるものだと思っている方は多くいると思いますがそれは間違いです。

ナチュラルスピンでサーブを打つためには内旋ではなく外線の方が打ちやすいのをご存知でしょうか。この記事では内旋をするデメリットと外線をするメリットを紹介していきます。

内旋をするとスイングが小さくなる

一般的に内旋をすることでボールに力が伝わり良いサーブになると言われています。

しかし実際に内旋で打とうとしたことがあり方は分かると思いますが、内旋をすることでスイングが小さくなってしまいます。

スイングが小さくなってしまうことでガットとボールの接着時間が短くなってしまいコントロールが難しくなり、伸びのあるサーブにはなりにくくなってしまいます。

 

 

たまにトッププロの連続写真などで寧銭をしているものが紹介されますがそれは右利きの選手ならばブック側を狙って打つときが多く、スライスサーブなどを打つときは凱旋していることが多いです。

またこの内旋はボールを点で捉えて打つことができるトッププロだからできることであり高等技術と言えるでしょう。

外旋で打つことのメリット

外旋を使って打つことのメリットとしてはスイングが大きくなりやすく、ガットとボールの接着時間が長くなりコントロールしやすくボールが伸びるようになってきます。

 

また外側のフレームからボールに入れることができるので回転がかかりやすく、安定したサーブにすることができるでしょう。

 

 

よく野球ではストレートがシュート回転にならないようにと言われ、良い投げ方にするにはカーブを投げるようにと言う方がいますがテニスのサーブもそれと同じです。

今まで内旋することにこだわって上手くいかなかった方はその意識を忘れて外旋スイングに変更することで劇的にサーブが改善することでしょう。

スポンサーリンク