テニスはボールが浅いとこに入ってしまうと相手に踏み込まれたり早いタイミングで打たれてしまいやられてしまいます。

なのでラリーで主導権を取るためには深いボールを打つ必要があるのですが、深いボールを打とうとして力が入ってしまいミスをしてしまう方も少なくありません。

 

この記事では深く打つために正しい考え方、間違った考え方を紹介するので参考にしてください。

間違った考え方 ボールを強く打つ

まず最初に間違った考え方を紹介しますがボールを強く打ってボールを深く入れようという考え方は良くないです

確かに速いボールを打てばボールは失速せずベースライン付近で落ちるボールになりますが、強く打とうとすると力んでしまいスイングが小さくなってしまう可能性があります。

 

そうなると伸びのないボールになってしまい逆にボールが浅くなってしまうでしょう。

またそうなることでもっと深くと意識すると手打ちになってしまってミスが増える恐れがあります。

 

深いボールを打つために脱力して伸びのあるボールを打とうと意識するならわかりますが、強く打とうとするのはデメリットになることが多いので間違った考え方と言えるでしょう。

正しい考え方 高いとこを狙う

それでは正しい考え方とはどういうものなのかというと、ネットスレスレを狙うのではなく高いとこを狙うようにしてみましょう

高いとこと言ってもロブのような軌道ではなく、ネットからラケット一本分高いとこを狙うようにするのがベストです。

 

上の図のように同じようなスピード、回転量で打った場合低い軌道で打つよりも高い軌道で打った方がボールは深くなります。

この方法でコントロールすればネットする確率が減るので安定したプレーができるようになるでしょう。

 

テニスの専門家の間ではこのようにして深くコントロールすることをハイ&ディープと言います。これはテニスの基本的な考え方なのでしっかり覚えておくようにしておきましょう。

 

この戦法は世界トッププロも行っていることでありとても大切です。もちろん毎回そのような軌道で打つことはないのですが絶対にミスが許されない場面や強打しない場面では軌道を高くしてコントロールしているので見てもらえればと思います。

 

このハイ&ディープを習得するためには日ごろの練習で、自分の打ったボールの軌道を見て、ネットからどのくらい高いとこを通ったときに深く入っているか確認する必要があります。

 

最初は難しく感じてしまうかもしれませんが、慣れてくると簡単になってくるのでまずは練習していきましょう。

スポンサーリンク