ダブルスでは前衛は浅いロブが来たら積極的に打っていった方が良いのですが、深追いしないように注意が必要です。

 

深いロブを取れるからといって無理をしてしまうと良いボールが打てませんし、バランスを崩してミスが出たり陣形が崩れてしまい相手にチャンスをプレゼントしてしまうことになってしまいます。

 

この記事では画像を使って前衛がどのぐらいのボールなら取るべきかどうか説明していきたいと思います。

目安はサービスライン

前衛がロブを処理すべきかどうかの目安はサービスラインです。

上の図のようにサービスラインより下がらないで処理できる場合は陣形は崩れずにバランス良くボールを打てるので良いでしょう。

よく女子ダブルスで見かけるのですがこのぐらいのロブでもパートナーの後衛に任せてしまう方がいます。それではパートナーに負担をかけてしまいますし相手を楽にさせてしまいます。

 

スマッシュが打てれば一番良いですが自信がないのであればボレーでも良いです。その時にただつなげるだけでは相手にプレッシャーがかからないのである程度叩いて打てるように練習しておく必要があるでしょう

この画像は深追いしてしまったパターンです。

 

このようにサービスラインより後ろに下がってしまうと陣形が崩れてしまい元に戻すのは困難になりますし、サービスラインより後ろで無理して打っても良いボールは打ちにくく相手にチャンスを与えてしまう可能性が高くなってしまいます。

 

取れるからといって下がり過ぎてしまうと一気に不利な状況になってしまうので無理をしてはいけません。

無理して下がりながら打つより後衛の方に任せておけば踏み込んで打てるのでその方が良いでしょう。

 

このロブ以外のパターンでも前衛が無理にボールを取りに行って陣形が崩れやられてしまうパターンを見かけます。

それは野球で例えるならストライクゾーンではなくボールゾーンに来たボールを打ちにいっているようなものです。ボールゾーンに手を出したら高い確率でやられてしまいますよね(イチローのような例外もありますが)。

 

ボールを打つときは打った後のことも考えてプレーすることが大切なので無理はしないように注意しておきましょう。

スポンサーリンク