テニスではボールの深さ、バウンド地点によって打ちやすくなったり、打ちにくくなったりします。

それを素早く判断していくにはあらかじめコートを3分割してオフェンスエリア、アプローチエリアやディフェンスエリアを決めておくことを勧めます。

画像を使ってエリアを3分割していくので参考にしてみてください。

それぞれのエリアの意味

コートを三つのエリアに三分割しておくことが大切なのですがまずはそれぞれのエリアの意味を紹介していきます。

オフェンスエリア

まずはオフェンスエリアです。図で赤色になっているエリアがオフェンスエリアになるのですが、主にサービスライン内でバウンドしたボールのことを指します。

 

このエリアは相手との距離が近いので攻撃的にプレーしていくのが良いでしょう。変につなぎにいったりアプローチショットを打つのではなく決めにいくショットを打ちにいきましょう。

アプローチエリア

次に黄色のエリアはアプローチエリアです。主にサービスライン付近に落ちたボールを指します。

 

このエリアでは無理をして決めにいくのではなく、攻撃の起点となる仕掛けていくアプローチを打つようにしましょう。

アプローチと言ってもネットプレーにいくだけではなく、攻撃的に打ち相手のバランスを崩してチャンスメークしていくのも良いでしょう。

 

アプローチエリアでは決めにいくショットは必要ないですが守備的にならずに攻撃的にプレーしていく必要があります。

ディフェンスエリア

最後に緑色のエリアはディフェンスエリアです。

このエリアは相手のボールが深く入ってきたときなので相手までの距離が長く攻撃的にプレーするのは困難になります。

なのでここでは守備的なプレーをする必要があります。相手とラリーすることを意識しボールを深くコントロールするようにしていきましょう。また、このエリアから角度をつけたり攻撃的なボールを打とうとするとカウンターで打たれやすく危険なので、なるべく角度をつけないで深く打つようにしていくことがお勧めです。

まとめ

いかがでしたか。

このようにバウンドした場所をエリア分けしておけば試合になっても迷わず効率的にプレーすることができます

今回紹介したものは基本的なものなので、もし自分のストロークに自信があるのであればオフェンス、アプローチエリアを広くしていくのも良いと思います。

 

エリアマネージメントをしっかり考えて試合で迷わずにプレーできるようにしていきましょう。

スポンサーリンク