テニスではセオリーとなる戦術とは別に対戦相手に合った戦術を使うことで試合を有利に進めることができます。

しかし初めて対戦する相手となると情報が少なく、弱点が分からないということもあるでしょう。そこで試合前にするアップのラリーで相手の特徴を観察することをお勧めします。

この記事では具体的にどのようにして観察していけばよいのか解説していきます。

フォアとバックを均等に打たせる

テニスではバックハンドが苦手というプレイヤーが多いですがそれはプレイヤーによって変わってくるので最初のアップでフォアとバックを均等に打たせていきましょう

その中でどちらがエラーが多いか、またはどちらから攻めてきて、コントロール重視なのはどっちかというのを観察しておきましょう。

 

たまにいるのがバックハンドは強いボールはこないが安定しているということがあるので、そういった特徴尾選手に対してはバック側を攻めるだけではミスがないので浅くなったらフォア側に打つといった戦略が必要になってきます。

スピンやスライスを混ぜて様々な打点で打たせる

次にスピンやスライスを混ぜて相手に高い打点や低い打点を打たせていきましょう

そうすることで相手はスピンボールが苦手なのかスライスが苦手なのか見えてくるはずです。

女性であればスピン、学生であればスライスが苦手な可能性は高いので試合が始まる前に確かめておくことで試合に入ってから試す必要がなくなります。

前後左右に動かす

最後に前後左右に相手を動かしてみましょう

 

その場で打つのは上手い選手でも動きが出るとミスが増えるというのはよくあります。その中でも前後左右どちらの動きが弱いのかということ確認しておきましょう。

 

アップでは相手の打ちやすいところに返すというのが基本になりますが勝つためには利用できることはなるべく利用していきましょう。

プロの選手の中にもアップ中は自分のことだけを考えてミスが出てもとにかく振り切るということを決めている選手もいて、それと同じことですね。

まとめ

いかがでしたか。

このように初対戦の相手でも試合前のアップで特徴を知ることができます。試合前に知っておくのと試合が始まってから探るのでは大きく変わってきますし、相手の特徴を探るためにアップで色んなコースや球種を打つことは自分の感覚を確かめるにはちょうど良いので、自分の感覚を確かめながら相手の特徴を確認して試合を有利に進められるようにしましょう。

スポンサーリンク