サーブを打っていて少しのコントロールミスでフォルトしていまい、ハマってしまうとなかなか抜け出せないという方のためにサーブの微調整をする方法を紹介していきます。

一般的に微調整が上手くいかない方はスイングで調整しようとしていると思うのですがそれでは上手くいかないでしょう。

微調整するにはスイングではないとこを調整することで上手くコントロールができるようになるのです

トスで前後を調整

まずはネットしたり飛びすぎたりするのを上手く調整する方法を紹介していきます。

前後のボールの飛びを調整するにはトスを意識することが大切になってきます。具体的にどのようにして飛びを調整すれば良いのかと言うとトスを前に上げるとボールは短くなり、後ろに上げると深くなる特性を利用していくのです。

一般的に同じフォームでトスを前後にずらして打つと後ろに上げると面が上に向くので深くなり、前に上げると面が下に向くので短くなるといった特徴があります

 

これを活かせばボールが飛び過ぎたときはトスを前にし、ネットしたときは後ろに上げることで上手く調整することができてコントロールができるでしょう。

 

これをやるにはトスをコントロールできるようにならなければなりませんがこれは単純に、1stでネットしたら次はそのときより後ろに上げれば良いので毎回同じ場所に上げるというわけではないのでそこまで難しくはないのかなと思います。

左右のコントロールは体の向きで

前後のコントロール方法を紹介したので次は左右のコントロール方法を紹介していきます。

 

この左右のコントロールというのは特にスイングでコントロールしようとしている方が多いと思いますが実は体の向きを意識するだけでコントロールできるんです。

どうやってコントロールするのかと言うと打ちたい方向に体を向けて終わる、これだけで良いのです。

体が打ちたい方向に向くことで自然とスイングが打ちたい方向にいくはずなので狙った方向にいくようになります。本当かなと思う方もいて当然かと思いますが試しに打ってもらえれば実感して頂けることでしょう。

まとめ

以上でサーブの微調整方法の紹介を終わります。

 

一般プレイヤーの多くが試合中に微調整するときスイングを気にしていますがそれを試合中にやるのはプロでも難しく、逆に調子を落としてしまう可能性があります。

ここで紹介したことは試合でもすぐできる方法なのでぜひ活用してみてください!この方法をすることでサーブの調子を取り戻すきっかけにもなるはずです。

スポンサーリンク