並行陣で攻めていると足元に沈めてくるだけでなく角度のついたアングルショットで一気に攻めてくる選手もいるでしょう。

そのときに打つコースをあらかじめ決めておくと迷わずにプレーすることができますし、有利にラリーを展開していくことができるのでその対処法を紹介していこうと思います。

センターに打ってはいけない

まずは打ってはいけないコースとしてセンターには打ってはいけません

上の図のようにアングルを打たれたとこからセンターに打ってしまうと相手の前衛にカットされてしまいます。

ダブルスではセンターセオリーが大切だというのはこのサイトでも紹介してきていて、困ったらセンターに打てば良いとも言われていますがこのケースの場合はそれが適応しないということを頭に入れてもらえればと思います。

対処法1 ドロップショット

それではまず一つ目の対処法を紹介していきます。その対処法とは角度をつけてドロップショットを打つようにしましょう。

このようにアングルショットに対してアングルドロップを打つことで相手前衛を避けることができますし、後衛からも遠い位置なので決めにいくことができます。

普通の場面でドロップを打つよりもアングルを打たれてから打った方がこちらのボールの角度がつけやすいので決まりやすくなるでしょう。

 

しかしこれはセオリーであり、上級者なら大体このコースに返してきたりケアをしっかりしているので、アングルドロップだけを打ってしまうと相手に取られてしまうのでもう一つの対処法を紹介していきます。

対処法2 ストレートロブ

もう一つの対処法として紹介するのはストレートにロブを打つことです。

このストレートにロブを打つことでドロップを打った時とは真逆のとこにボールが落下していくので相手の反応を遅らせることができるでしょう。

ストレートにアタックしていくのはリスクが高いですがロブならネットはしませんし、相手にハイボレーを打たせるぐらいの気持ちで打てばアウトの確率を減らせるので確率を考えてもかなり有効な戦術だと言えます。

まとめ

このように最低でも二つの対処法をもっておけば相手に警戒されても読まれにくくなりラリーを有利にもっていくことができます。

今回ここで紹介したのは2種類ですがこのほかにも自分で考えていくのも良いでしょう。そのときの注意点としては自分の実力に合った選択をしてミスをしないような選択をできるようにしていきましょう。

 

このアングルの処理以外でも常に選択肢を2,3個持っておくことで迷いがなく良いプレーができるはずです。

スポンサーリンク