ストロークの練習をする中で大事になってくることはボールを深くコントロールすることです。

たとえ良い感覚で打てたとしても浅いボールになってしまえばそれは試合になると打ち込まれ役には立ちません。

 

深いボールを打つときにボールの軌道と言うものが大切でネットからどのくらい高いとこを通すのかというのがあるのですが、ロングラリーではそれが意識しにくいという方もいると思うので、私はそんな方にはボレー対ストロークをするように勧めています。

相手の顔の高さを狙う

ボレー対ストロークをすることでネット近くに的があるような感覚でラリーをすることができます。そのときボレーヤーの足元にコントロールするのではなく、顔の高さを狙うようにしていきましょう。

上の図の通り方の高さを狙ってしまうとボールは浅くなりますが、顔の高さを狙うことでボールが深くなることが分かるでしょう。

 

ボレー対ストロークでは試合の時のことを考えて足元に打とうとしている方がいますが、それでは軌道が低くなってしまいボールが浅くなる癖がつきやすくなってしまいます。

もちろん試合を考えて足元に打つというのも良い練習なのですが、もしボールを深くコントロールする癖をつけていきたいと考えているのであれば顔の高さを狙い、一定の高さを保ちながらラリー出来るようにしていけるとよいでしょう。

 

スクールなんかではボレー対ストロークをやることが多いと思いますが、その時に顔の高さを狙って打つことで軌道の高いボールを打つ癖がつき、深いボールを安定して入れていくことができるでしょう。

 

このようにして基本的には顔の高さを狙うようにして練習していき、それが安定してきたら応用として足元を狙うようにしていければと思います。

スポンサーリンク