テニスでは勝つために技術を磨き、ボールの質や精度、スピードを高めて様々なボールを打てるように練習することは大切になってきます。

しかしどれだけ技術があって難しいショットが打てても勝てないというプレイヤーは多く存在し、その理由が分からずに迷走してしまっているプレイヤーも多くいることでしょう。

この記事では私なりに何故技術があっても勝てないのかというのを考えてみたので参考にしていただければと思います。

難しいショットを使い過ぎている

まず最初に考えられるのは難しいショットを多用しすぎているということです。

どれだけ技術があっても難しいショットというのはリスクが高くミスが増えてきます。なので調子が少し悪いときはミスも増えてきますし、多用することで相手は警戒してその難しいショットに対しての反応が良くなってきます

そうなると良いショットが打てたと思っても相手に取られてしまい、取られないところに打とうとすると厳しいとこを狙い過ぎてミスをするという悪循環になってしないます。

 

プロの選手のスーパーショットというのはカッコ良くて憧れますが毎回スーパーショットを打っているのではなく、一試合に一回あるかどうかという選手がほとんどで基本的にはリスクの少ない攻撃を基盤としているというのを頭に入れてプレーして頂ければと思います。

 

戦術がない

技術があると難しいショットが打てれば一発で決められるという感覚を持っている方が多く、そうなると戦術、組み立てがないラリーをしてしまいがちです。

 

アングルショットに自信があるプレイヤーはダブルスならセンターに一球打ってからアングルに打とうとすれば効率的ですし、シングルスでフォアが得意なのであれば無理やり回り込もうとせず、スライスを使って相手に低い打点で打たせればクロスにくる確率が高くなるので早めに動いて回り込みフォアを余裕をもって打つなどしていければ自分を楽にすることができます。

しかし戦術がないプレイヤーは布石となるショットを打たないでいきなり決めにいこうとするのでどうしても決まらない、攻め切られないといことになりポイントが取れないという状況になってしまうのでしょう。

 

 

プロの試合では派手なエースに目がいきがちですが、エースになる前に打っているボールに注目していくことをお勧めします。

まとめ

なかなか試合に勝てないと感じているからしたらどちらかに当てはまっていたのではないでしょうか。

 

テニスは確率のスポーツと言われているのでまずはミスの少ない確率の高いプレーをすることが大切です。とは言っても守っているだけでは勝てないのでエースを狙う前に布石となるボールを打ってみたり、たまに難しいショットを打つことで相手がそれを警戒してくれれば簡単なショットに対する反応が遅れてミスをしてくれることがあります。

 

技術があれば少し考え方を変えるだけで勝てるようになってくるはずなので勇気をもってテニスに対する考え方を変えていきましょう。

スポンサーリンク