テニスではスピードのある速いボールというのはとても武器になります。速いボールを打つことで相手に時間を与えずに十分な体制で打たせずミスを誘ったりエースを奪えたりします。

 

しかし練習や筋トレで強いボールが打てるようになっても勝てないプレイヤーは多く存在し特に学生や若い男性プレーヤーに多いですね。

この記事では勝てない理由、改善方法を紹介していきます。

速いボールだけだと返すのは意外と簡単

速いボールを続けて打つのはリスクが高く難しいのですが返す方は実は意外と簡単なんです。

速いボールというのは面を合わせるだけでボールの勢いを利用して速いボールを打つことができるので、打たれた方はあまりエネルギーを使わずに良いボールを返球できてしまうのです。

 

もちろん速いボールに慣れていないプレーヤーからしたら反応するのは大変ですが一定以上のレベルになると速いボールに離れていて、普通に返してくることでしょう。

スピンがしっかりかかったボールだとさすがに打ちにくいですがフラットのような変化の少ないボールだと簡単に処理できます。

 

もし速いボールだけ打っていて一定のリズムだけで打っていると相手もタイミングが合ってしまうので、ラリーしているときは速いボールだけではなく、スライスや軌道の高いスピンを入れることで相手のリズムを崩し、緩急ができることで速いボールがより効いてくるはずです。

全てのボールを強打しにいくのはNG

そしてもう一つ勝てない理由として考えられるのは全てのボールを強打しにいっているということです。

 

強いボールというのは上手く使うことでかなりの武器になりますが間違った場面、打点が悪かったりバランスが崩れているときに強打しにいこうとするとミスが一気に増えています。

ミスが増えると当然ですが相手を楽にさせてしまって不利な展開になってくるので打ってもミスしない打点やバランスというのを見極めて、難しいときはコントロール重視でいくことも大切になってきます。

 

 

また、サイドに大きく振られたときに速いボールを打ってしまうと自分が適切なポジションに戻る前に相手がオープンコートに打ってしまいポイントを取られてしまいます。

速いボールを打ったら、自分が打ってから相手が打つまでの時間も短く・速くなるので素早い準備が必要ですし、動かされたときに打ってしまうとカウンターでやられる場面が増えていきます。

 

動かされたり、自分のポジションにしっかり戻りたいときは遅いボールで時間を作ることも大事です。

まとめ

速い・強いボールが打てても勝てないという方はここで紹介したことのどちらかは該当していたのではないでしょうか。

速く強いボールは武器にはなりますが当然デメリットもあるので場面によって使い分けることで勝てる試合を取りこぼすということが減ってくるでしょう。

 

強いボールを打てるというのは大事な長所なのでそれを活かしていく戦術を考えていきましょう!

スポンサーリンク