テニスをやっているてコーチや部活の顧問の先生から”テニスは確率のスポーツ”だと言われた方は多くいるでしょう。

確かにテニスは確率のスポーツなんですがその意味をしっかり理解して練習するか何となくミスをしないようにだけ意識して練習しているかで差は大きく出てきます。

 

ここではテニスは何故確率のスポーツと言われるのかという理由を紹介していくので、この記事を読んでテニスというスポーツを理解してもらえればと思います。

一球でも多くコート内に返した方がポイントを取る

まず確率のスポーツと言われて理解しやすいのが、一球でも多くコート内にボールを返した方がポイントを取るということです。

 

どれだけ良いボールが打ててもミスをしてしまうと相手にポイントを与えてしまうのでミスというのは減らしていくことが大切です。テニスではしこらー(このサイトではレトリーバーとして紹介)と呼ばれるとにかくボールを返してくるプレーヤーがいますが、速いボールを打ってミスをするくらいなら質が悪くても彼らのように確実にボールを返すということに徹底した方が勝率は上がることでしょう。

 

身体能力がいくらあってもこのことを理解していないと自分より能力の低いプレーヤーに負けるという悔しい思いをしてしまいます。逆に言えば身体能力が劣っていても理解してプレーすることができれば能力の高いプレーヤーにも勝つことができます。

 

このことから練習ではボールの質だけではなく入る確率が高いボールを安定させて打つ癖をつけることが必要になってきます。

相手が打ってくるコースにも確率がある

そしてミスという話以外に、相手が打ってくるコースにも確率が高い・低いというのが存在します。

もちろん相手によって誤差はありますがどのコースにどのくらいのスピード、弾道で打てばどこに返ってくるのかという確率を知ることで反応が早くなり、止まって打てるボールが増えたり、守備範囲が広くなってきます。

 

 

例えば相手の打点が低くなるとクロスが増えたり、相手が前に出たときに足元に打つと短いボールやドロップが多くなってくるなどがあり、この打ってくる確率が高いボールを理解するというのは重要です。

 

また、自分がポジショニングするときに、全てのボールを取ろうとすると中途半端なポジショニングになってしまうので、確率の低いコースは捨てて、高い確率のコースをケアするようにポジショニングしていけば負担を減らすことができるでしょう。

 

普段の練習から自分がどういうボールを打つときに相手はどこに打つのかというのを確認しながら練習するのは大切であり、練習試合でも同じことが言えます。

 

まとめ

ここで紹介した通り確率というのはとても大切であり常に意識して練習する必要があります。

どれだけ質の良いボールが打てても入らなければ意味がないですし、確率を知ることでコートカバーリングが向上します。

 

リスクのある攻撃的なテニスは格好良くて憧れますが勝ちたいのであれば確率を重視していくテニスをしていきましょう。

もちろん攻撃的なテニスも大事なのでその攻撃的なボールを確率良く安定させにはどうすれば良いのか考えることも大切ですよ。

スポンサーリンク