テニスいうスポーツは時に自分より技術の劣っているプレーヤーに負けてしまうことがあります。それも特に相手が調子が良いというわけではないにも関わらずということもありますね。

 

大会に出場するならこういった取りこぼしをするわけにはいかないですし、自分より技術の劣っているプレーヤーに負けてしまうとモチベーションが下がってしまうこともあるので何としても勝ちたいですよね。

この記事では何故自分より技術の劣っているプレーヤーに負けてしまうのかという理由とその改善方法を少し紹介させていただきます。

リスクを負い過ぎている

負けてしまう原因としてこれが一番多いと思うのですがリスクを負って攻めすぎていると調子の悪いときは自滅してしまって負けてしまうパターンがあります。

 

普段からハードヒットのみで攻めているプレーヤーに多くあらわれる傾向でジュニア選手なんかは特に多いです。

 

リスクの高い選択を続けていると常に自分にプレッシャーをかけている状態になり、集中力が切れてしまうと一気にミスが増えてきてしまいます。

そういったプレーヤーはハードヒット以外のポイントの取り方を知らないというプレーヤーが多く、ボールが入らなくなるとどうすれば良いのか分からなくなってしまってそのままズルズルいってしまうでしょう。

 

それを防ぐためにはリスクを減らして攻めていく方法を探していく必要があるでしょう。

詳しくはこちらの格下に負けないようにするための対策をご覧になって頂ければと思います。

普段から感覚でテニスをしている

そして技術・力のないプレーヤーのボールというのは威力がなく失速したり、どこに飛んでくるのか分からないといったことがあります。

普段上手いプレーヤーとだけ練習しているのであればそこまで動かなくてもボールが伸びてきてくれるので打つことができたり、しっかりコントロールしてくるので愛あてのバランスや癖を見抜いてボールに反応しやすかったりがあると思うのですが、その環境に慣れ過ぎてフットワークや打点を疎かにしていると技術のないプレーヤーに苦戦してしまうことがあります。

 

重いボールを打ってくる選手と打ち合っているときは当たった後のフォローでなんとか調節できることはありますが、軽いボールだと綺麗にボールを捉えないとコントロールが効かないので普段からどうやってボールを捉えれば良いのかというのを頭に入れて練習する必要があります。

 

それとフットワークも重要で、オープンスタンスだけで打っていると浅く低いボールが打ちにくくなってしまうので踏み込んで打つなどスタンスを意識しながら練習することも必要でしょう。

まとめ

ハッキリ言ってしまうと技術のない選手に負けてしまう原因は普段の練習にあります。

調子が良ければポイントが取れるからそれで良い、技術に自信があるから適当に打ったりいい加減なフットワークをしていると格下の選手に負けてしまう可能性が高くなってしまいます。

 

今回紹介した記事に該当していると感じたら普段の練習を見直す必要があるでしょう。

スポンサーリンク