草トーナメントでたまに見かける戦術の一つとして相手のあまり上手くない方をひたすら狙うというペアがいます。

 

組み立てるとかではなく、困ったらその相手のポジションにかかわらず狙うということなんですが、トッププレイヤーがそのような戦術を取っていることはあまりありません。

 

ハッキリ言ってこの戦術というのは頻繁に使うことはなく、よっぽど相手の調子が悪いときに限られますし、狙うにしても相手がどのポジションにいるか考えて配給する必要があります。

この記事では何故この戦術が間違っているのかを解説していきますのでご覧になって頂ければと思います。

相手のポジションが良いとミスが少ない

いくら相手に技術がなくて調子が悪いときでも適切なポジションにいて止まって打つことができればミスすることは少ないです。

 

それどころかボールを集められて打つ機会が増えたのをきっかけに調子を上げてくる可能性もあります。もしそこで調子が上がってきてしまうと相手のペースで試合が進むことが出てきて危険です。

 

初級ぐらいの大会ですと調子が戻らないこともありますがある程度のレベルになるとしっかり修正する力があるので、調子を上げてくることは少なくありません。

 

テニスでは相手のポジションを意識しながら配球していくのが重要であり、それは相手の技術がなくても同じなので何も考えないで下手な方を狙うのはやめましょう。

上達を妨げてしまう

そしてこの戦術をしてしまうことの一番のデメリットとしてテニスの上達を妨げてしまうということです。

 

ダブルスではセンターセオリーを基本としてそこから様々な戦術を作っていくことで得点パターンが増え、それが勝利につながり大会で優勝していく力がついてくるのですが、技術がない方を狙うだけという戦術は上級者には通用しなくなり、そればかりに頼ってしまうとダブルスの基本的な攻め方が身につかずに伸び悩んでしまいます。

 

もし大会で上位を目指したいのであればこの戦術は捨ててしっかりラリーで組み立てて決めにいく戦術を磨いた方が良いですね。

まとめ

いかがでしたか。

技術がない方を攻めるというのは試合に出始めてダブルスの基本を知らないプレーヤーがやることであり、もしそれをやっているなら卒業しましょう。

上達を妨げてしまいますし、普段の練習からそんなことをしていたら人間関係が悪くなり練習してくれる相手がいなくなっちゃうこともありますからね。

 

ダブルスの戦術に関しては当サイトでも紹介しているので参考にして頂ければと思います。

スポンサーリンク