皆さんはストロークを打つときにスタンスの幅(足の幅)を意識したことがありますか。オープンスタンスやスクエアスタンスで打つと意識するのは大切ですがボールをコントロールするうえでスタンスの幅というのもとても大切なんです。

 

この記事ではどのくらいのスタンスの幅が適切で、スタンスを一定にして打つ方法を紹介するので是非参考にしてみてください!

適切なスタンスの幅

まず最初に適切なスタンスの幅について紹介させていただきます。

スタンスの幅によってバランスのとりやすさがかなり変わってきてしまうので適切なものを知っておくことは重要です。

 

さて、その適切な幅ですが基本的に肩幅が良いとされています。狭すぎるとグラついてしまいますし、大きすぎると前傾姿勢になったり腰が上手く回っていきません。なのでその中間である方の幅にすることでグラつきを抑えながらもしっかり捻り戻しで腰が回っていくようになります。

 

そして、この肩の幅と同じスタンスの広さをキープすることで安定していきますし、ボールの質も上がってくることでしょう。

スタンスをキープして打つには

適切なスタンスの幅を覚えても実際のラリーでキープできなければ意味がないですよね。

そこで次はどうすればスタンスをキープして打つことができるのかを紹介していきます。

 

スタンスをキープするには単純に足をたくさん動かせばよいというものではありません。もしそれで上手くいっても1試合それを続けるには体力の消耗が大きく試合終盤で疲れてしまう可能性があります。そうなると不利になってしまうのでその展開を避けるためにも効率的なスタンスのキープの仕方を覚えましょう。

 

そのキープの仕方というのは簡単でシンプルなものなのですが、サイドステップでボールに近づいて打つようにしましょう。

サイドステップを使うことでスタンスの幅が変わることなく動いて打つことができますし、バウンド後に変化するボールに対しても対応することができます。

テニスではボールを打つときにサイドステップをすることをツーステップと言います。

 

このツーステップをするタイミングとしては浅いボールならバウンド後に、深いときはバウンドと同時に着地するようなイメージでいけばタイミングが取れるはずです。

 

 

このテクニックはトッププロもやっていることなのでTVや現地でプロの試合を観ることがあるなら、ツーステップに注目してもらえればと思います。

まとめ

いかがでしたか。

 

この適切なスタンスをキープして打つだけで驚くほどボールが安定していくと思います。今まで意識してこなった方は是非意識して練習してみてほしいです。

 

そしてテニスはよく足を細かく動かして打つようにと昔から言われていましたが、それでは体力を消耗してしまって長続きしませんよね。ここで紹介したツーステップを使うことで体力の消耗を最低限に抑えて良いスタンスで打つことができるはずです。

 

フォームが崩れてしまう原因はこのスタンスにあるのかもしれないので、この記事をきっかけにフォームが安定して自信を持てるようになってもらえれば嬉しいなと思います。

 

 

スポンサーリンク