テニスでは負けないためにはサーブを、勝つためにはリターンを磨くことが大切だと言われています。

サーブが良ければ格下の選手に負けることは少ないですし、格上の選手に勝っていくためにはリターンから自分のペースでラリー出来るかどうかというのがとても重要になってきます。

 

この記事では主に重要とされている3つのポイントを紹介していきます。

コンパクトなスイングをする

リターンというのは相手が打ってか自分のとこに来るまでの時間が短く大きくテイクバックしてしまうと振り遅れてしまってコントロールミスをしてしまいます。

大きくテイクバックしてもタイミングがしっかり合えば強烈なボールが入ることもありますが、テニスは確率のスポーツであり、確率のボールを打つことは褒められたことではありません。

 

リターンするときは大きなテイクバックをするのではなく、コンパクトなテイクバックから正確にミートしてコントロールすることが大切になってきます。

コンパクトなスイングをしても相手のサーブの速さを利用すれば簡単に鋭いボールを返すことができるので、リターンで攻めるときはコンパクトにスイングし、タイミングと足の力を使うことを意識していきましょう。

ポジションを使い分ける

リターンではポジションを前にするか後ろにするかで大きく変わってきます。

相手によってサーブの速さは違うのでサーブが速いときは後ろに、遅いときはポジションを前にとってコート内で構えるようにするのが一般的です。

 

また、ポジションを前にすると攻撃的になるだけではなく、相手にプレッシャーがかかるのでミスを誘うきっかけを作れることもあります。

リターンが上手いプロの選手というのはこのポジションの取り方が上手いので試合を観るときは注目してもらいたいポイントの一つです。

相手のコースを予測する

そして最後にサーブは反応してから打つまでの時間が短いので相手の打つコースを予測するというのが重要になってきます。

コースを予測するには相手のフォーム、癖やトスの位置、それまでどのコースが多いかなどを分析することでできるようになってきます。

 

フォームが綺麗な選手のコースを読むのは難しいですが、癖のあるフォームの選手はそれぞれコースや球種を変えるときに打ち方が多少変わるのでそれで予測できるようになるはずです。

 

またトスによっても打ちやすいコース、球種というのがあるのでそこで予測していくのも良いでしょう。

 

 

この予測できるようになるためには観察力も必要ですがサーブの基礎技術を知っておくことも大切です。基礎を理解していればどのようなフォーム、トスのときにスピンサーブになるのか、スライスサーブになるのかということが分かるようになるので、リターンをよくするためにも自分のサーブを磨くことは大切です。

まとめ

このようにリターンには重要なポイントがあります。

練習するときはこのポイントを頭に入れてやることでリターンの質が向上していくことでしょう。

 

また細かいポイントについてはこのサイトの他の記事でも紹介しているので参考にしてもらえればと思います。

スポンサーリンク