リターンは相手が打ってから自分のとこまでボールが届く時間が短く大きなテイクバックをしてしまうと振り遅れて打点が後ろになりコントロールミスをしてしまいます。

 

まずコントロールするためには正確な打点で打つことが重要であり、そのためにはテイクバックをコンパクトにする必要があります。そこで具体的にコンパクトにテイクバックするというのはどのようにすれば良いのかということについて記事にしていきます。

上体を捻ってテイクバック

リターンでは軸足を動かすのと同時に上体を捻ってテイクバック、これにつきます。

上体を捻れば腕も自然とついてきてラケットが後ろに引かれるのでそれでOKです。よくコンパクトに引いているのに上手くいかないという方は捻っているのではなく腕だけ後ろに引いてしまっていることがあります。

 

それでは手打ちになってしまって力が伝わらないですし、正確な打点でボールを打つことが難しくなってしまいます。

 

上体を捻ることでパワーが生まれますし、ひねり戻しを使うことで腕が自然に振られて打点も安定するので正確にリターンを打つことができます。

 

そんなにコンパクトで良いのかと思う方もいるかもしれませんがサーブみたいな力のある速いボールというのは正確にスイートスポットに当てるだけでそのボールの勢いを利用して速いボールにすることができるのです。

 

単純に遅いボールを壁にぶつけたら遅く、速いボールをぶつければ速いボールが返ってきますよね?それと同じ原理で速いボールというのは正確に打つことができれば自然と速くなるので少し力を伝えてあげるだけで十分なのです。

 

もし相手のサーブが遅ければ大きく捻るようにして引けば力が生まれるので腕で引かないようにだけ注意しましょう。

フォアもバックも同じ

ここで紹介したリターンのテイクバック方法はフォアもバックも同じであり、片手、両手でも同じです。

手で引かないようにだけ注意していきたいのですが自分ではその違いが分からないという方は肘の位置に注目するようにしてください。

もし状態の捻りだけでテイクバックができてたら肘が身体から離れずに一定の距離を保っているはずなのですが、腕で引いてしまうと脇があいて肘が動き、身体から離れてしまいます。

 

テイクバックでは肘があまり動かないように意識することで捻りを意識できると思うのでチェックしてみてください。

まとめ

リターンを普段のストロークと同じようなイメージでいってしまうとなかなか安定しません。

まずはいつもよりコンパクトなテイクバックを心掛けることで安定して返すことができると思うので是非試してみてください。

スポンサーリンク