質の良いサーブを打つにはラケットを振りにいく前の姿勢、トロフィーポーズがとても重要です。

トロフィーポーズとはトスを上げた後の姿勢であり、注意するポイントとしては脇と肘の角度になります。

 

この時の脇と肘の角度は90度で直角になるようにします。そしてしっかり胸を張った姿勢を取ることが大切です。

 

このトロフィーポーズとはボールを投げる前の形と同じです。

最初のうちはこのトロフィーポーズを作ってからトスを上げて打つようにしてトロフィーポーズから打ちにいく感覚を身につけると良いでしょう。

スポンサーリンク