雁行陣でどちらかがストレートにロブを打つと後衛同士がストレートでストロークを打ち合う展開になります。

前衛は上を抜かれたらポジションを変えなければいけないのですが、そのときにただ反対のサイドにいけば良いというわけではありません。正しいポジショニングをするかどうかで一気に有利になったり不利になったりするのでこの記事を読んで正しいポジショニングを知って頂けたらと思います。

センターを開けるのはNG

このとき前衛がサイドチェンジをするのですがポジションを間違っているプレーヤーは反対側のサービスボックスの真ん中まで言ってしまっていることがあります。

サイドチェンジと言われると反対側のサービスボックスに行きたくなる気持ちは分かりますが、そうしてしまうとセンターがガラ空きになってしまうのです

センターというのはテニスでは打つのが一番簡単でリスクが低いショットなのでここを開けてしまうとやられてしまう可能性が大きくなってしまいます。

ダブルスではまずセンターが抜かれないようにするにはどうすれば良いのかというのを考えなければいけません。

前衛はセンターラインをまたいでベタ詰め

ではどうすれば良いのかというと前衛はセンターを抜かれないようにするため、センターラインをまたいでネットにベタ詰めしましょう!

極端すぎるのではないかと思う方もいるとは思いますがこれで問題ありません!前衛がセンターラインをまたぐことでセンターのボールは取れますし、ネットにベタ詰めすることでクロスに来たボールも手が届くようになるんです。

もちろんセンターに来たらセンターに、クロスに来たらクロス側に一歩足が動く必要がありますが、これで速いボールが来てもしっかり対応できるでしょう。

もしクロスにロブが打たれたらそれは後衛が動いてカバーリングすればOKです。

 

このポジションをとれればストレートの展開は得意になっていくことでしょう。ネットにベタ詰めすることで相手にはプレッシャーがかけられるので効果は大です!

まとめ

ダブルス上級者になりたいならこのフォーメーションは必ず押さえておきたいですね。

この展開は頭で分かっていても慣れることがとても大切なので練習で意図的にストレートロブを増やしてこの展開に慣れていくことをお勧めします。

 

また、ストレート展開が苦手なプレイヤーはセンターが空くことが多いので、ストレートの展開になったらまずセンターが空いていないか確認して、もし空いていたらそこを狙って打っていくようにしましょう!

スポンサーリンク