サーブでトスを上げた後はまずトロフィーポーズを作ります。そのときに左肩を上がり右肩下がりの姿勢をとることでスイングが大きくなりスピンをかけやすくなります(左利きは逆です)。

 

トスアップしたら左手を下げずに、打つ直前まで上げたままにしておきます。そうすると自然に左肩が上がり右肩が落ちるはず。その姿勢を作ることでラケットを下から上に振ることができ、回転をかけやすくなるでしょう。

反対に左手を早めに下げてしまうと上から下に打ち下ろすスイングが増えてしまい、回転はかかりにくく、ネットに引っかかるようなケースが増えていくと思います。また左手を残すことで身体の開きを抑えることもできるので、サーブの安定にはトスアップ後に左手をそのまま残しておくことが重要と言えるでしょう。

スポンサーリンク