テニスではオープンコートにボールを打ち、空いておバランスを崩したりエースを狙いにいくことでポイントを取ることができますよね。

実はテニス指導をするときにコーチは3種類のオープンコートを理解してコーチングしており、この3種類を理解することで戦術の幅を広げることができるでしょう。

ここで紹介する3種類のオープンコートとは空間的オープンコート時間的オープンコート、そして心理的オープンコートになります。それぞれのオープンコートはどういった状況のことを指すのか1つづつ説明していきます。

空間的オープンコート

まず最初に紹介するのは空間的オープンコートです。これは相手が適切なポジションに戻れないときに生じるもので一般的に言われるオープンコートですね。

例えば一度角度のついたボールをフォアサイドに打つことでバックサイドに大きなスペースができますよね。シングルスではそういったときにオープンコートができますし、ダブルスでは角度をつけることでセンターにできるスペースのことです。

上の図が空間的オープンコートの例になります。空間的オープンコートを作るために必要とされる能力は角度をつけてしっかりコントロールするための技術力があるかどうかが大切になります。

時間的オープンコート

時間的オープンコートとは相手のポジションが適切だとしても普段より速いタイミングで返球することで相手の時間を奪い、リス目バランスを崩したりエースを狙いにいくことを言います

これはどういう状況かと言うと普段打つポジションがベースラインの外とするのであれば、コートの中に入ってボールを打つことを言います。例えば浅いボールを踏み込んで早いタイミングで打ったりネットプレーで仕掛けるといった戦術が時間的オープンコートを使っているということです。

このことからサーブ&ボレーは時間的オープンコートを利用した戦術であるとも言えますね。時間的オープンコートを利用するために必要な能力は相手のボールの予測と機動力が要求されます。

心理的オープンコート

最後に心理的オープンコートの説明をしていきます。空間的オープンコートとは相手の予測しているボールとは違うボールを打つことです。一般的にはを突くと言われていることは心理的オープンコートを使っていると考えて下さい。

心理的オープンコートの例としては、先ほど紹介した逆を突く、チェンジ・オブ・ペースを利用して相手の対ミンギを崩す、クロスに打つと見せかけてストレートを打つなどがあります。

 

この心理的オープンコートを利用するためには相手にコースを読まれないフォームと、観察力が必要になってくるでしょう。

まとめ

なかなか勝てないという人は空間的オープンコートだけを考えてラリーしていることが多く見られます。

現代テニスはフィジカルの強さが重要視されていてトップ選手は守備範囲が広く空間的オープンコートだけで攻めていてはなかなか決まりません。

そこで時間的オープンコート、心理的オープンコートを組み合わせることで有利にラリーをしていくことができます。

 

ここで紹介した3種類のオープンコートを上手く組み合わせて自分の攻撃パターンを考えてみることで得意の得点パターンというのができてくるでしょう。

スポンサーリンク