ダブルスには様々なフォーメーションがありますが台形雁行陣と呼ばれるフォーメーションをご存知でしょうか。この台形雁行陣はダブルスを

やっているなら必ず知っておきたいフォーメーションの一つですし、ひょっとしたら知らぬ間に台形雁行陣をやっているかもしれません。

台形雁行陣とは?

では台形雁行陣とはどういうものなのか簡単に説明していきたいと思います。

台形雁行陣と言うのはいわゆるストレート陣形であり、後衛であるストロークのプレイヤーがクロスではなく、ストレートで打ち合っているときを指します。

そのときに全プレイヤーを線で結ぶと台形になるので台形雁行陣と呼ばれています。

上の図の通りになります。この台形雁行陣はストレートロブを上げることで起きるフォーメーションです。

根是ストレートにロブを上げるとこのような字根気になるのか疑問に思った方は当サイトのストレート陣形についての記事をご覧になってください。

 

この台形雁行陣の仕組みを知っているのといないとでは大きな違いが出て、知っているだけで試合を有利に進めていけるはずなので、しっかり頭に入れておきましょう。

 

スポンサーリンク