今ではダブルスをやっている方なら誰しもが耳にしたことがあるであろう雁行陣という言葉。当たり前のようにテニススクールなどでも使われていますが、何故雁行陣と呼ばれるようになったのかというのを知っている方は少ないと思います。

 

そもそも雁行陣というのは他の国では1アップ1バックと呼ばれていて雁行陣というのは日本独独の言い方なんです。

 

この日本独独の名前は何が由来で呼ばれるようになったのかというと、後衛と前衛の位置が斜めに前後しており、これが斜めに兵隊を組んで飛ぶ雁の姿から連想されたと言われています。

 

また、日本から発祥された軟式テニス(ソフトテニス)から雁行陣という言葉が生まれたともいわれております。

 

知っていて何か得するというわけではないですが、知っていて損はないという豆知識ですね。

 

 

 

スポンサーリンク