テニスの試合で見かけることもシコラー。英語ではレトリーバーと呼ぶのでここではそう呼ばせていただきたいと思います。

彼らのようなプレイヤーは自分から攻めてくることはほとんどなく、ただひたすら深いボールを打ちにきて相手のミス待ちをしてきます。ポジションとしてはベースラインの後ろに構えてボールを拾うことに意識を置いているため反応も良く、多少バランスが崩れても無理して打つことはないのでミスがとにかく少ないです。

 

レトリーバーと試合してイライラしてしまったという経験は誰にでもあるのではないでしょうか。このようなプレイヤーにはきっちりとした対策を持って試合に臨むことがとても大切です。ここではその対策を紹介していきます。

 

心の準備

まず必要になってくるのは心の準備です。

レトリーバーはとにかく走ってボールを拾い、バランスを崩してもロブなどで時間を稼ぎながら深くボールを打ってきます。

通常のプレイヤーならエースになったり、チャンスボールがくる場面でもしっかり返してくることが多いでしょう。そういった時に集中力を切らしてしまうと相手の思うツボです。

 

レトリーバーと対戦するときは通常よりも長くラリーが続き、普段決まるボールがなかなか決まらないということを理解しながらラリーすることが、我慢強さがまず必要になってきます。

 

ネットプレーを増やしプレッシャーをかける

ではここから具体的な戦法を紹介していきましょう。

最初はネットプレーを増やすことです。

 

レトリーバーの多くは難しいショットを好まず、安定したコースにリスクを負わずにプレーすることを好みます。そこでネットに詰めていくことでレトリーバーはいつもと違う攻撃的なボールを打たなければいけなくなり、それがミスに繋がる可能性が高いでしょう。ただしそうなってくるとロブが増えるので注意が必要です。

 

レトリーバーは攻めてくることが少ないのでアプローチが打てる甘いボールがくるまで我慢してチャンスがきたらネットに詰めていくと効果的でしょう。

 

浅いボールを上手く使おう

レトリーバーはストロークを得意としていますがネットプレーを苦手にしていることが多いです。

なので浅いボールを上手く使い相手をネットに引っ張りだしていくと、こちらはそこまで厳しいコースに打たなくてもミスが誘えるでしょう。

 

また、ネットに出てこなくても浅いボールを処理した後にこちらが深いボールを打てば相手は踏み込んでボールを打つことができずに甘いボールが返ってくる可能性が高くなります。恐らくレトリーバーは少し浅いぐらいのボールなら急いでベースラインに戻るよう動くことが多いので、この展開が増えると思います。

 

レトリーバーはベースラインで打ち合いのが得意なのでそれをさせないように浅いボールを入れていくことで相手のペースを崩していくことができます。

この時の浅いボールとはスライスやドロップなどあまり高く跳ねないボールが適切です。

 

遅いボールを有効に使う

レトリーバーは相手のボールの勢いを利用して打つ選手が多く、こちらが速いボールを打つと同じようなスピードで返してくることがあります。テニスは相手が打ってきたボールと同じようなボールで返すのが簡単であり、速いボールを早く返すというのはそれ程難しい技術ではありません。

 

速く打っても蹴ってくるからといって、さらに速いボールを打とうとするとリスクが高くなり相手の作戦通りになってしまうので注意しましょう。

こういうプレイヤーには逆に遅いボールを打てば速いボールは返ってこないです。

なので慌てずに遅いボールでじっくり組み立ててチャンスがくれば打ちにいくと緩急にもなって効果的でしょう。

 

サーブは確立重視

最後にサーブは確立を重視して入れるようにしましょう。上記で紹介したようにレトリーバーは速いボールを返すのが得意なので確立の低い速いサーブが入ったとしてもブロックリターンでカウンターを受けてしまう可能性があります。そうすると相手は勢いに乗ってくるのでこの展開は避けたいところですね。

 

レトリーバーに対しては遅いサーブをきっちりコントロールすることが効果的でしょう。そうすることでレトリーバーは強烈なリターンを返すことが難しくなりこちらが有利にサービスゲームでプレーすることができます。

 

レトリーバーに対してはサーブでも遅いボールを上手く使うことで有利な展開にもっていけることでしょう。

スポンサーリンク