ダブルスではセンターセオリーというのはこのサイトでも何度も書いてきました。しかし上級者と試合をやることが増えるとセンターセオリーだけでは勝てなくなってくるんではないでしょうか。

 

それは当然のことであり、上級者であればあるほどセンターセオリーといのが頭に入っていてディフェンスするときにまずセンターに打たれてやられないようにケアするようになってきます。

 

そこでセンターセオリーをやっても勝てない悩んでいるあなたに向けてアドバイスをしていきます。

余裕があるときはセンターセオリーを捨てよう

センターに打っても相手がケアしているのであればどれだけ上手くコントロールしても取られてしまうでしょう。

それならセンターセオリーに徹することは一度捨ててみてはいかがでしょうか。

 

毎回同じとこに打ってしまうと相手に読まれてしまうので余裕のあるときはセンターではなく角度をつけたボールで勝負しにいくのもありです。

余裕があるときというのはリードしているときやネットに詰めて高い打点で打てる時のことを指します。

そういった場面では角度をつけて打つことができるはずなのでどんどん勝負していきましょう。

 

そうすることで相手に取られなくなってきますし、相手は角度をつけたボールを打たれるかもしれないと思いセンターケアが疎かになるので、そこでセンターに打つと今まで決まってなかったボールでも決まってくるでしょう。

 

 

センターセオリーというのは大切ですが、毎回やれば良いというわけではないので、それ以外の攻め方も挑戦していきましょう。

そうすれば今まで勝てなかったような相手にも勝てるようになってくるはずです!

スポンサーリンク