テニスラケットの重さは種類によって変わってきます。

似たようなものでも重さやバランスが少し違っていて購入するときどれを買えば良いのだろうと悩んでしまいますよね。そこでラケットが重いことのメリット・デメリットを知って頂いてラケットを子乳するときの参考にしていただければと思います。

重いことのメリット

まずメリット、良いことから紹介していきます。

ラケットが重いと何が良いのかというと力で押されにくくなるということです。軽いラケットだと、相手が伸びのある重いボールを打ってきたときに面がぶれやすく力で押されやすいのですが重いラケットなら打つ本人に力がなくてもラケットの重さを利用して力で押されにくくなるのです。

 

また、重いラケットを使うことで自分の打つボールに重さが出て、威力のあるボールを打つことができます。

そのためぷる選手の多くは通常のものより重量を重くカスタマイズしていて400gを超えるラケットを使っている選手も多いのです。

 

さらに重いラケットというのは腕だけでは振りにくく、身体を上手く使っていかなければ強いスイングができないので正しい身体の使い方が自然と身に付きやすいというのがあります。

 

そのためテニスを始めたばかりの選手にコーチは少し重めのラケットを勧めることが多いですね。

もしコーチに重いラケットを勧められた場合はそういった意図があるので最初は振りにくいなと感じても我慢して使っていった方が良いでしょう。

重いことのデメリット

では今度は重いことで起きるデメリットについて紹介していきます。

デメリットとしては重いのでラケットを振るのに体力を消耗しやすいということと、力がないとラケット操作が難しく、とっさのラケットワークが難しいということです。

 

相手のボールが良くて手首だけで打つしかないというときにコントロールするのが難しくなるということですね。

試合では相手が打ちにくいとこを狙って打ってくるので不完全な形でボールを打たなければいけない場面が多いので、必要以上にラケットが重いとミスが増えてしまいます。

まとめ

プロ選手の多くは重いラケットを使っていることから試合に出ていくような競技者の場合は重いものを使った方が良いパフォーマンスができるでしょう。

 

重いラケットを使うには筋力が必要になってきますが、トレーニングすれば良いですし、使っているうちに自然と慣れてくるはずです。

若いうちなんかは特に筋力がつきやすいので少し重いなと感じるものを使うことが上達への近道かもしれません。

スポンサーリンク