ラケットが重いことのメリットデメリットについては前回の記事で紹介したので、今回は軽いことのメリット、デメリットについて紹介していきます。

 

昔は軽いラケットになると飛びにくいといった弱点がありましたが、今ではかなり進化してきているので飛びもしっかりした軽量ラケットが増えてきています。しかし当然軽量化したことによってメリットやデメリットが発生してくるのでしっかり頭に入れておきましょう。

軽いことのメリット

まず軽いことのメリットを紹介していきます。

軽いラケットの良さとしてまず思い当たるのが筋力がなくてもしっかりラケットが触れるということです。

良いボールを打つためにはスイングすることは重要であり、いくら重いラケットを使ってもラケットが触れなければ意味がなく、それなら軽いラケットを使ってしっかりスイングした方が良いでしょう。

 

そしてもう一つ考えられるメリットとして、ラケットの操作がしやすいということです。軽いので厳しいだけでも手首だけでもラケット操作できるのでラケットワークがしやすいというメリットがあります。

 

そのためボレーで勝負する選手は軽めのラケットを選んでいることが多いですね。

軽いことのデメリット

次にラケットが軽いことのデメリットを紹介していきます。

ラケットが軽いと相手が威力のあるボールを打ってきたときにスイートスポットをずらしてしまうと面ブレしやすくコントロールがしにくいということがあります。

ラケットの進化で昔と比べるとだいぶ良くなったなと感じますがまだまだこの問題は抱えているなという感じですね。

 

そしてもう一つのデメリットとして軽くて振りやすい分、手打ちになりやすいということです。

ラケットが重かったら腕だけで振るのは難しいので身体を使ったスイングをしなければいけませんが、軽いと腕だけで簡単に触れてしまうので手打ちになってしまうということがあります。

 

手打ちになってしまうとボールの伸びが出ませんし、上達を妨げてしまう大きな要因となってしまいます。

まとめ

軽いラケットは操作がしやすいですがそのかわりに手打ちになりやすいということがあります。

なので強いストロークを打ちたいというのにはあまり向いていないと言えますね。しかし筋力のない子供や女性にとってはちょうど良い重さなのではないかなと感じます。

 

また、操作がしやすいのでボレーで勝負する選手にとってはとても良いと思います。操作性が良いとバランスが崩れても面の形を作りやすいのでボレーコントロールはしやすいですね。

 

なので競技者でボレーで勝負していく選手なら軽いラケットを使ってみても良いかもしれません。

スポンサーリンク