テニスは相手の動きに合わせてコースを打ち分けなければいけません。

しかしテニスの練習の多くは打つコースが決まっていることが多く、相手の動きに合わせてという意味では役に立たないということがあります。

 

そこで今回は試合に出て勝てるようになりたいという方のために相手の動きに合わせてボールをコントロールする練習方法を紹介します。

ボレーヤーが動く全面を使ったボレー対ストローク

その方法とはボレー対ストロークなんですが、半面ではなく、全面を使ったボレー対ストロークです。

ボレーヤーはストロークの方がボールを打つ前に左右どちらかに動きましょう。または動かないというのもありです。そしてストローカーはボレーヤーのいるとこを狙って打つようにします。

 

このときボレーの方はストロークの方が取れる範囲を狙い、なるべく全面使うようにしましょう。

この練習をすることでストロークの方は打つ直前まで打つコースが決められないので試合と似た感覚になるでしょう。

 

練習のポイントとしてはストロークの方はどのコースにも打てるように、しっかりフットワークを使いバランス良く止まってボールを待てるようにすることです。

バランスが悪くなってしまうとギリギリでコースを変えるのは困難になってしまいます。なのでバランス良くボールを待てれば打ちたいコースに打てるようになり、試合でも活きてくることでしょう。

 

 

今回はボレー対ストロークということで紹介しましたが、応用としてお互いストロークで行うのもありなので試してみてください!

スポンサーリンク