シコラーというのはひたすらボールを拾って攻めずにコートに入れにいくプレースタイルですが、このような選手と対戦すると嫌ですよね、。

シコラーというのは技術がそこまでなくても勝てるので自分の魏jつには自信はないけど体力やフットワークに自信があるという方にはぴったりのプレースタイルなのではないでしょうか。

 

この記事では試合で勝つためにシコラーになりたいという方へのアドバイスとしてシコラーになるためには何が必要なのかというのを書いていきますので参考にしていただければと思います。

相手のコースを読む予測力

シコラーは相手のボールをひたすら拾わなければならないので守備範囲が広くなくてはいけません。ボールを拾うための足の速さは当然必要になるのですが、相手の打つコースを読むという予測力も必要になってきます。

 

相手の打つコースというのは自分の打ったボール、相手のリズムやバランスによって予測することが可能ですがそれには経験が大事になります。

なので試合をするときはただボールを拾いにいくのではなく、相手がどのようなリズムでどんなバランスで打っているか見るようにしましょう。最初のうちはコースが読めなくても続けていくうちに分かるようになってくるので、できなくても続けていくことが大切になってきます。

拾い続ける体力・持久力

そしてボールを拾い続けるというのは体力を消耗するのでそれに耐えられる持久力も必要になってきます。

また、ポイント間でどれだけ体力を回復できるのかという回復力も重要になってくるでしょう。

 

これは普通に走りこむことも大切ですが、そのほかにインターバルトレーニングをして回復力をつけていきましょう。

最後まで諦めない精神力・タフさ

そして最後に精神力の強さというのが必要になってきます。これが一番大切かもしれませんね。

どんなボールが来ても最後まであきらめずにボールを拾いにいく気持ちの強さ、焦らずひたすらボールをコートに入れようとするタフさというのはとても大事です。

 

シコラーというプレースタイルはひたすらボールを返して相手の気持ちを折るということが勝つためには必要になってくるので、強い精神力というのがシコラーには必須です。

これに関してはトレーニングで身につけていくというのは難しいのでプレイヤーの性格によって向き不向きが出てくると思います。

まとめ

シコラーというプレースタイルを嫌う上級者というのは多いのでこのプレースタイルは地味かもしれませんがかなり武器になります。

また、府さんは攻めていくという方でも、このプレースタイルがいざという時にできれば調子が悪くても勝てるようになってきますし、ハードヒッター対策としても有効なのでできるようになりたいプレースタイルの一つでもあります。

スポンサーリンク