一番基本的な戦術として相手のバックハンド側にボールを集めるというのがあります。理由としてはバックハンドが苦手なプレーヤーが多く、打てたとしてもフォアハンドほどの攻撃力をもっていないことが多いからです。

誰もが思いつきやすい作戦ではありますが、もし自分がバックが苦手だとしたら対策をもっておかないと、自滅してしまう可能性があるでしょう。

 

我慢強くラリーする

バックハンドが苦手なのであればスーパーショットは狙わずにとにかく我慢強くラリーを続けることが大切です。

ラリーが続くとどうしても強打したくなりますがそれでミスをしてしまってはいけません。もちろん強打して入るのならば良いとは思いますが、まずは自分の今の実力を認めてミスのない堅実なプレーをすることで勝率を上げることができるでしょう。

 

もちろんレベルアップするには強いボールが必要ですが、確率が低いときはとにかく安全なコースを狙いミスをしないようにしていきましょう。

 

そうすると相手はバックに打つだけではミスしてもらえないと感じフォアにボールを打ってくる展開が増えてくるでしょう。

回り込めるチャンスを見逃すな

バックが苦手だとなるべくフォアで回りこみたいと思うと思いますが無理矢理回り込んでしまうと強いボールが打てず、オープンコートを作ってしまいやれれるパターンがあるのでそれは避けましょう。

 

バックで我慢強くラリーして相手のバランスが崩れて甘くなってきてしっかりハードヒットできると思うボールがきた時だけ回り込んで打つようにしましょう。そうすると相手はさらに厳しいコースを狙ってバックを打たせようとしてくるのでミスの確立が高くなっていきます。

無理に回り込んで相手を助けるのではなく、じっくりラリーしてチャンスを見逃さないという強い気持ちをもってラリーしましょう。

スポンサーリンク