テニスではストロークを打つときにスピンをかけて確率の高いボールを入れることが大切になってきます。

 

そのときにワイパースイングをしているプレイヤーが多いと思うのですが、それでフォローが腰付近にきているのも多く見かけます。

これは私からしたら不思議でしょうがありません。スピンというのはボールの下からこするようにして上に振ることでかかるので通常はフォローが高くなるはずです。

ナダルなんかはスピンを打った後頭の上をラケットが通っていきますよね。リバースフォアが良いとまでは言いませんが、力が抜けていれば絶対にフォローは上にいくはずなんです。

 

ワイパースイングを強く意識している人の多くは力んでしまい、その結果フォローが低くなっているなという印象を受けますね。そうなってしまうと少しタイミングがズレただけで上手く回転がかからないばかりか、ボールを持ち上げられずにネットしてしまうことが増えるでしょう。

 

フォローが低くなると上に振っているつもりでも持ち上げられずにネットしてしまうので、スピンを打ってネットが多い方はフォローを最低でも肩の高さにすることをお勧めします。

スポンサーリンク