フォアハンドは片手で打つことが出来て、腕が自由に動いてしまうため打点がバラバラになってしまいがちです。

調子を落とすときはこの打点がおかしくなっていることが多いため、上級者も初心者も打点には注意する必要があるでしょう。

 

ここでまず大事になるのは身体の向きです。

昔は身体を横向きにしてボールを運ぶようにして打っていましたが、現代テニスでは身体はネットに対して正面を向き、打点は前になります。その時に肘は適度に曲がっていたほうが力が入るので無理に伸ばしていく必要はありません。

打点が後ろになってしまうと力が入りにくく面が不安定になりますし、フォームが乱れてミスの原因になります。それに対して打点を前で取りすぎてしまっても大きなミスにはつながりにくいので常に打点は前で取ると心がけるようにしましょう。

グリップにより多少の誤差はありますがコンチネンタルグリップ以外は前で取ることが適切になります。打点が体の前ではなく後ろになってしまうと力が入りにくくスピンをかけるのも困難になり怪我をしやすくなってしまうので注意が必要です。

 

打点を前で取るには冒頭で書いた通り身体が正面を向いたときにボールを打つことが出来れば前で取ることが出来ます。身体がうまく使えていれば自然と前で捉えるようになっているとは思いますが、手打ちになってしまっている場合は横向きで捉えていることがあり打点が後ろになってしまうので注意しましょう。

スポンサーリンク