今回の記事は雑談になりますがテニスサイトなのでテニスのことについて雑談していきます。

 

 

テニスをやる前って簡単そうなスポーツだなって思って始める方って結構多いと思うんです。そういう私もそうでした。

 

テニスをやる前はサッカーをしていたんですが私が始めたころはまだ錦織圭が出てきていなかった時代なのでテニスは女子がやるスポーツだという偏見を持っていました。

 

 

でもそれは過去の話で初めて見るとなんて難しいスポーツでなんて楽しいスポーツなんだろうと感じ、そこからテニスにハマっていきました。

テニスを真剣にやりテニスコーチになることができた今でもテニスって難しいなとつくづく実感しています。

 

それもそのはずで実はテニスって世界で2番目に難しいスポーツだと言われているんです。ちなみに1番はアイスホッケーです。

アイスホッケーはスケーティングの技術とホッケーの技術両方必要なので納得ですよね。

 

 

テニスに話を戻しますが、私がテニスを始めたときに知り合いのガット張り師に言われた言葉で”テニスは野球で言ったら守備をしながらバッティングしなければいけないし、場面によってアベレージヒッターやパワーヒッターにならなければならないスポーツなんだよ”と言われました。

 

当時この言葉を聞いたときは非常にしっくりきた思い出がありますね。たぶん今これを読んでくれている方も共感してもらえてるのではないかなと思います。

 

 

テニスって配球を考えながら相手がどういうボールを打ってくるのか予測・反応し、走ってボールに近寄り、しっかり止まってバランスが良い状態でボールを打つ、これを1試合の間に何回も繰り返さなければならない大変なスポーツです。

 

上手くいかないなと悩んだり落ち込んでしまうことってテニスをやっていれば初心者上級者に限らず絶対あることだと思います。

でもそれは当然のことなので上手くいかないことを楽しむ心をもって欲しいです。

 

テニスコーチはアドバイスするときにそんなにすぐ出来るようにはならないものだと理解しているのでそこを心配する必要はまずありません。

テニスは上手くいかないことをどうすれば上手くいくのかというのを考えるのが楽しいスポーツなので、これからも楽しんでテニスをやって頂ければと思います!!

スポンサーリンク