サーブ&ボレーを得意とする選手と対戦するとき、なんの対策も持たないで試合に入ってしまうととても苦労するでしょう。普通にリターンを返してしまうとボレーで決められてしまい、無理に速いボールでパッシングを打とうとするとミスが出てしまい楽にサービスキープをされてしまいます。

そうなると自分のサービスゲームにプレッシャーがかかったり、相手は楽な気持ちでリターンゲームを攻撃的にいけるようになってしまいます。

遅く緩いボールでリターンする

ます最初の対処法として遅く緩いボールでリターンするという作戦があります。

一般的にボレーを得意としている選手の多くは、速いボールを面を合わせて返すことを得意としています。そこで遅いボールを打たれると自分から力を伝えるようにしなくてはいけなくなるため、大振りになりやすくミスを誘えます。

そして遅いボールを打つことの一番のメリットはネットを超えてから失速して落ちていくので、相手にローボレーを打たせやすいというとこにあります。ローボレーになれば相手は強打しにくいので速いボールがかえってきにくくなりリターン後に余裕を持って次のボールを打ちにいくことができます。

 

もしスピンが打てるのであれば有効なので打つようにした方が良いでしょう。しかし不安な方は緩く返す方がボールが安定しやすいので無理してスピンをかける必要はありません。

 

相手のボディーに速いリターンを返す

 

速いボールをを相手の正面、いわゆるボディーに打つのも一つの手です。正面に速いボールがくると相手は不意を突かれて力の入りにくい打点で打つことになり厳しいボールは返ってきにくいでしょう。

そして速いボールが正面にくるとアウトボールでも反応して取ってしまう可能性があるので思いっきりよく打つようにすると良いです。

 

しかし速く打つといってもめちゃくちゃに打つのではなく、フォームを崩さないなかでなるべく速くスイングするようにしないとミスが増えてしまうので注意が必要です。

クロスにリターンする

次に相手が前に出てきたときは無理にストレートに打つのではなくクロスに返すのが効果的です。

これにはちゃんとした理由があって、ストレートに返してしまうと自分にはリスクがついてしまい、相手はオープンコートに打つときにネットの低くなっているクロスに打てばよいのでミスの確立が減ってしまうからです。

 

これに対してクロスにこちらが返すことで自分は確立良く返球することができ、相手はオープンコートに打つときはネットの高くなっているストレートに打たなければいけないのでリスクが高くなります。

テニスは確立のスポーツなので少しでも確率の高い方を選択するのが賢い選択と言えるでしょう。

 

もしストレートに打つのであれば中途半端にならないよう、しっかりダウン・ザ・ラインに打たなければなりません。

ロブでリターンする

最後にリターンでロブを使用するのも選択肢として入れておきましょう。

相手はなるべくネットに詰めたいと考えているのでロブを打つと反応できないときがあります。もし反応されてもスマッシュを打たれないようにバック側にロブを打ち、力の入りにくいバックハイボレーを打たせるようにしましょう。

 

サーブ&ボレーヤー対策をいくつか紹介しましたが、このようなボールであまりミスのリスクを背負わないで対応することが大切です。

リスクを背負ってミスをしてしまうと相手を楽にさせてしまうので、一発で決めるのではなく、まず相手にプレーさせるようにしてみましょう。

スポンサーリンク