ボレーというのは振らずに握るだけというのは頭にあっても苦手なうちはどうしてもスイングして飛ばしにいってしまいますよね。

 

そこで振らずにボレーを打てるようにするために球出し練習をすると良いのですが、そのとき私は歩きながら打つというのを勧めています。

ボレーだけではなくストロークの基本も歩きながら打つことで、歩きながら打つと後ろから前への体重移動も自然にできて軸も綺麗な状態をキープすることができます。

 

また、止まってボレーを打とうとするとどうしてもスイングしやすくなってしまいますが、動きながら打つことで腕を振りにくくなり当てるだけのボレーをすることができます。

 

 

球出し練習するときはまずサービスラインに立ち、そこから前進しながら打つようにします。打った後はラケットでネットタッチしましょう。

打った後も前進し続けることで足を止めずに打つことができます。このときあまり強いボールを打とうと意識する必要はありません。強いボールを打とうとするとどうしてもスイングしやすくなってしまうので、まずはコントロールすることが大事だと言い聞かせて練習するようにしましょう。

 

慣れてくると振らなくてもボールが飛ぶ感覚が身に付き、ラケットを握る強さや、踏み込みの強さでボールの強弱をつけられるようになってきます。

振らずに飛ばすというのは決して古い技術ではないので基本通り打てるように練習していきましょう。

スポンサーリンク