テニスはネットすれすれのボールを打つことが良いと勘違いされることも多いですが、基本的にはスピンをかけて高いとこを通すことが良いとされています。

 

その理由としては低いとこを通してしまうとボールが浅くなりやすく相手は踏み込んで打ててしまいますが、高いとこを通すことでボールが深くなり相手は踏み込めずベースラインの外で打たなければいけなくなるので強いボールが打ちにくくなるからです。

 

 

このことについて理解しているプレイヤーは多いと思うのですが、頭では分かっていてもなかなか実行できないのがテニスですよね。

上手く実行するには練習することが大事なのですが、普通に練習していてもなかなか上手くいかないと思うので今回はボールを高い軌道で打つ癖をつけるための練習方法を紹介します。

上の図のようにまずは審判台に糸になるものを結びつけます。あとはネットではなその糸の上を超えるような軌道でラリーするようにしましょう。このとき意図はラケット1.5本分ほど上にあると良いでしょう。

 

ラリーするときに的のようなものがあるとコントロールしやすくなるのでこの練習は効果的です。

 

この練習をすると高い軌道で打てば自然と深くなることが実感できるようになりますし、続けることで癖がつき、試合でも深いボールが安定して入るようになることでしょう。

スポンサーリンク