テニスはテイクバックを早くすることで様々なボールに対して対応することができるようになり、適切な打点でボールを打てるようになります。

 

さらにインパクトするときにだけ力を入れることで無駄に力を入れることなく、省エネで伸びのある良いボールが打てるようになります。

 

このことについては理解しているプレイヤーが大半だとは思うのですが、なかなか思うようにいかず力が入りすぎてしまうというプレイヤーも多いことでしょう。

そこでテイクバックを早くし、インパクトの時だけに力を入れられるようにするための簡単な練習方法を紹介していきます。

 

 

やり方はとてもシンプルでテイクバックするときに”テイクバック”と声に出し、インパクトするときに”ヒット”と声に出して打つようにしましょう。

 

この練習のポイントとしては”テイクバック”と言う時は相手の打ったボールがネットを超える前にできるようにすることと、”ヒット”と言う時だけグリップをしっかり握るようにしましょう。

 

実はこの練習方法はプロの選手でも行っている方がいてレベル問わずに効果がある練習なんです。

 

球出し練習、ラリー練習の両方でできるというのも良いですよね。

 

声に出すことで自然と身体も反応してその通りに動きやすくなるので、ぜひ試してみてください!!

スポンサーリンク