テニスは相手が打つ前にどれだけしっかり良い状態で準備しているのかというのが大事になってきます。

 

そこで構えているときにグリップをフォアとバックどちら側で握って待っているのが良いのか疑問に思ったことがある人もいるのではないでしょうか。

 

これは人にも寄りますが一般的にはフォアのグリップで構えるのが良いと言われています。

 

バックで構えてしまうとフォアに来た時にグリップチェンジをするのに時間がかかってしまい振り遅れたり力んでしまう要因になります。

 

それに比べてフォアの握りで構えていた方がバックに来ても力まずスムーズに対応できるはずです。

 

また、構えてるときはグリップをしっかり握ってしまうと力んでしまうので、指とグリップに少し隙間ができるぐらい力を抜いておきましょう。

そうすることでさらにグリップチェンジがスムーズになることでしょう。

 

 

たまにバックが苦手なプレイヤーがバックの握りで構えていることがありますが、それはかえって連動性を悪くしてしまって良い効果は得られません。

 

プロの選手を見て構えているときはフォアの握りであり、グリップチェンジをするときはバックの時だけになっているので試合を見るときは注目しておきましょう。

スポンサーリンク