全仏オープンテニス2017の4回戦である錦織VSベルダスコはスコア以上の死闘だったと言っても良いのではないかと思います。

 

最終スコアは0-6,6-4,6-4,6-0でした。最後は圧倒してさすが錦織といった感じでしたが試合を観戦していた方はまさか勝てるとは思わなかったでしょう。

 

私も第1セットから見ていてこれはさすがに勝てないかも思ってしまうほどの錦織の調子の悪さでした。足は動かずタイミングは全くあっていない。もし1セット取れても最後までプレーできないのではと思った方は私だけではないはずです。

 

この絶体絶命の中諦めずに必死にポイントを取りにいく姿は見ていた方を感動させていたことでしょう。そしてテニスをやっている方ならこの試合から学ぶべきポイントを見つけて自分のテニスにも活かしてほしいと思い、今回はこの「試合から学ぶべきポイントを紹介していきます。

 

調子が悪い時こそ程基本に戻る

この試合の錦織は自分の攻めたいテニスができず調子は最悪でした。

試合前に考えていた戦略が全くできなくなってしまったのです。

 

そこで錦織が試合中に考えた対策というのはボールを深くコントロールしとにかくボールを拾うという試合に出たばかりのジュニアがやるような基本中の基本の戦略でした。

 

これは一般プレイヤーでも参考になり誰でもできることでもあります。

テニスで勝つためには練習でやったプレーをするというのも大事ですが、その日の自分の調子と相談してその時のベストを尽くすことが一番大事だというのがこの試合から学べることでしょう。

苦しくても耐えていればチャンスはくる

錦織は先程紹介した戦術で2セット目からなんとかサービスをキープしていました。

しかしキープするのも大変で何度もブレイクポイントを握られては耐えるということを繰り返していて、いつブレークされてもおかしくない展開でした。

 

試合はあきらかにベルダスコのペースで進んでいました。

 

試合に勝つための光が見えないまま錦織は必死に耐えてサービスをキープします。

そして錦織がなんとかキープをしていると、今度はベルダスコの方がフラストレーションが溜まっていきました。

 

試合を支配していて錦織のサービスをブレイクできそうでできないという状況にストレスが発生したのでしょう。

 

 

テニスはメンタルのスポーツと言われていてメンタルが試合を大きく左右することがあります。

この試合錦織は2セット目からずーっと同じプレーをしていて大きな変化ありませんでした。変化があったのはベルダスコの方です。

 

2セット目の終盤からベルダスコは自分の打ったボールがなかなか決まらないせいか焦ってラリーをすることが増え、ボールが浅くなったりミスが増えたり不用意なドロップショットを打つなどして自分からペースを崩してしまいました。

 

錦織はこの試合をメンタル勝負にもっていったのです。

 

その結果錦織はいつのまにか逆に試合を支配していました。

 

 

このことから学べることは、どんなに自分の調子が上がらなくても耐えていれば相手の調子に変化が訪れる可能性があるということです。

どんなに不利な状況でも諦めない心を強く持つようにしましょう。

まとめ

錦織は絶体絶命の中から自分にできることを見つけ出して見事に勝利しベスト8に進出しました、この勝利は奇跡とも言えるでしょう。

調子が悪いときは勝つのは難しくこの試合の錦織のようにいくことは少ないとは思いますが、少しでも可能性があるなら諦めずに最後まで懸命にプレーすることが大切です。

スポンサーリンク