テニスではスピードのあるボールは武器になり、大会で勝っていくのであれば絶対に速いボールは必要になってきます。

 

では速いボールを打つには何が必要かというと、それはスイングスピードです。一般プレイヤーで速いボールを打とうとして力を入れてしまいがちですが、力を入れてしまうとミスが増えますし、かえって力みのせいでスイングスピードが落ち、伸びのないボールになってしまいます。

 

スイングスピードを上げようとすることは良いことなのですが、そのときに注意しなければならないことがあり、注意を怠ってしまうとプレーの質を落としてしまうでしょう。

脱力スイングを心掛ける

この記事の冒頭でも紹介したように、力を入れ過ぎてしまうと逆にスイングスピードが落ちてしまいます。

 

スイングスピードを上げるときには腕をムチのようにしならせることが大事であり、そのためには力を抜いた脱力スイングをする必要があります。

 

ラケットをしっかり握るのはボールを打つ瞬間だけでそれ以外のときは緩く握っていることが重要になります。

スイングスピードを上げすぎるとミスが増える

スイングスピードを上げるには腕の力は抜くのですが足や体幹には力が入ります。

 

そうなるとスイングスピードを上げすぎるとバランス・スイング軌道が乱れてミスをしてしまうことでしょう。

 

スイングスピードには限界がありそれを超えてしまってはいけません。

 

練習中に自分の限界を知ることが大切になってくるので、ボールを強打した時に、どのくらいのスイングスピードにするとミスをするのかというのを把握しておきましょう。

 

自分がどのくらいのスイングスピードでミスするか理解出ればあとはそのスピードを上回らないようにすればミスなく早いボールが打てるようになるです。

 

まとめ

トッププロの選手はスイングスピードが速く、そのおかげで速いボールや強烈なスピン打てています。

 

今回消化したことを注意して練習すればミスがなく良いボールが打てるようになるでしょう。

スポンサーリンク