全仏オープンテニス2017。勝てばベスト4という準々決勝の錦織の相手は相手はマレーでした。

 

第1セットは錦織が世界一と呼ばれる才能・テニスを見せつけて世界1位のマレーを圧倒していました。このまま勝てるかという雰囲気になりましたが結果は逆転負け。錦織はこの試合でもラケットを投げてしまいました。

 

ラケットを投げるという行為は決して褒められないことであるのは確かです。勝てそうな試合でもタフさ・メンタルの差で負けてしまっているのも事実でしょう。

 

 

ですがマスコミや錦織のファンの方たちに言いたいのはそれでも錦織圭を非難したり叩いたりしてほしくないということです!!

 

私はこの試合、最初から観戦していて悔しい気持ちでいっぱいです。こんなこと試合をしていない自分が言う資格があるのかと思いますが悔しくて仕方ありません。

その思いを何かにぶつけたいと思ってしまうファンの気もいもわかりますが、本当に辛いのは錦織圭本人です!!

 

あの数々のグランドスラムタイトルを取ったラファエル・ナダルでさえ、フェデラーとのウィンブルドンでの決勝で敗退した時は表彰式が終わってコートを去った後、泣き崩れたそうです。

 

それを見た家族やスタッフはもう立ち直れないんじゃないかと心配するほどの落ちこみ方だったらしいです。

 

 

 

どんなに良いテニスをして、辛い展開になっても諦めずに対策を考えたり我慢し続けてプレーしてても勝てない。

勝つためにはどういうテニスをすれば良いかわかっているのにできないというのは相当なストレスでしょう。

 

これだけ頑張っても勝てないと心が折れてしまうのも無理はありません。実際そうやって心が折れてしまって、その後良いプレーができなくなってしまった選手はたくさんいます。

 

 

なのでどうか錦織圭のファンの方、マスコミにはここで錦織圭を叩くのではなく温かい目で応援してもらいたいです!

この全仏を見て私は日本人選手で彼を超える才能を持つ選手は今後絶対出てこないだろうと言い切れるほどの才能を感じました。

 

 

下手な文で申し訳ないと思っていますがどうか彼をつぶさないでほしい!!

 

 

錦織圭が今後グランドスラムを取るために必要なのは叩くことではなく応援することです!

この記事を読んで一人でも多くの方が錦織圭を温かく応援していることを望んでいます。

 

 

最後にありふれた応援になってしまいますが

 

頑張れ!錦織圭!!

スポンサーリンク