全仏オープンテニスではベスト8で終わってしまった錦織圭でしたが、あのマレー戦での第1セットのテニスは天才錦織圭が見れて今後に期待ができるものでした。

 

そんな活躍もあり錦織圭のラケットにも注目が集まっているのですが、その錦織圭が全仏で使用したカラーは通常のものとは違うのに気づいていましたか?

 

錦織圭モデルの通常版は下のモデルになります。

 

※クリックでテニス365購入ページへ



定価43,200円⇒テニス365価格34,560円(ガット付き)

 

黒がベースになっていてとても格好良いですよね。

このラケットのデザイン自体は私は結構好きなんですが、全仏で錦織が使っていたのはこのデザインではなかったんですよね。

※クリックでテニス365購入ページへ



定価42,360円⇒テニス365価格34,600円(ガット付き)

 

上の画像のものが今回錦織が全仏で使っていたデザインと同じラケットになります。
違いは画像を見ればわかるもので説明するまでもないと思うのですが、色が通常デザインと逆になっていてオレンジがメインになっているんです。

スペック自体は同じなのですが、ラケットの色によって打った感覚が変わると感じているテニスプレイヤーがいるので、少し番った打球感になっているかもしれません。

このモデルは限定モデルなので早目に購入しないとプレミア価格になり高騰するかもしれないので、安く買える今がチャンスですよ!!

スポンサーリンク