日本のテニスの試合は一般でもジュニアでもオムニコートでやることが多いです。

 

このオムニコートというのは日本独特のコートであり、プロの選手が使用しているコートとは性質が変わってくるので有効なボールも変わってきます。

 

特に他のコートと比べて有効になるのはスライスだと私は感じています。

 

 

その理由としてはオムニコートは球足が遅く、ボールが跳ねないので、スライスを打つと相手は低い打点で打たなければいけなくなり、打てるコースが限定されてしまうのです。

 

球足は遅くなりますがそれが良い緩急になり、スピードボールがより活きていくことでしょう。

また、ボールに勢いがなくなるので、相手はしっかりフットワークを使ってボールに力を伝えなければならないので地味に結構大変なんですよね。

 

 

これがハードコートならスライスのボールでもオムニよりは跳ねますし、ボールのスピードも打ちごろになってしまうので、ハードヒットされやすいのですが、オムニならその心配はありません。

 

とはいえスライスのボールは使い過ぎると相手も慣れてきたり、速いボールではないので決定打にはなりにくいので多用することはお勧めしません。

ひたすらボールを拾うシコラーになりたいのであれば話は別ですけどね。

 

 

プロの試合を見て配給を勉強することは大切であり、もしそれをやっているのなら継続した方が良いですが、コートの特徴を理解したうえで配球を考えることも大切なので、是非オムニの特徴を活かせるスライスを上手く使っていただけたらと思います。

スポンサーリンク