テニスのサーブでは威力を出すためにラケットヘッドを上手く走らせられるようにする必要があります。

 

そしてラケットヘッドを走らせるためにぴったりの練習方法があるのでそれを紹介していきたいと思います。

 

その練習方法はサーブのフォームでとにかく強く地面に叩きつけるように打つことです。

 

 

このとき打点は通常より低く前の方になってしまって構いません(というかそうしないと打てないはず)。

そしてラケットヘッドが上手く走っていれば高く跳ねるようになってくるはずです。

 

もし高く跳ねないのであればラケットヘッドが走っていないというのが原因だと思うので、ここで一つポイントがあります。

 

ボールを打った後、意識的にラケットヘッドが地面の方を向いてスイングを終えるように意識してみましょう。

 

 

ラケットヘッドが走っていないときはおそらく面が地面を向いて終わると思うのですが、ヘッドが走っていると地面の方を六いていくのが自然なスイングです。

 

まあ上の図のような形で終われれば良いということですね。

 

 

最後になりますがサーブのスピードを決めるのは腕の振りの速さよりヘッドスピードが大事です。

どれだけ力があって腕を速く振れたとしてもヘッドスピードが遅いとスピードは出ないのですが、力がなくてもヘッドスピードが上がればボールのスピードも速くなるはずです。

 

この練習は一人でもできるので、練習して強力なサーブという武器を手に入れましょう!!

スポンサーリンク