テニススクールやテニスコーチにドライブボレーの練習をさせられることはたまにあると思います。

 

でも試合になるとドライブボレーってあまり使わないですし、チャンスがあったら打点を落とさず前に出てハイボレーするようにとも言われると思うんですよね。

 

では何故ドライブボレーの練習をするのかというと、このショットの練習をすることでグランドストロークに様々な良い影響をもたらしてくれるのです。

この記事ではドライブボレーをすることで具体的にどのようなメリットがあるのかというのを紹介していくので、そのことを頭に入れてドライブボレーの練習をしてもらえればと思います。

 

回転をかける練習

まず最初にこの練習は回転(スピン)をかける感覚を養うのにとても良い練習ということが言えます。

 

ドライブボレーの練習をするときは落ちてくるボールを打つのですが、落ちてくるボールというのはスピンを打つにはうってつけであり、ガットに上手く喰いついてくれます。

 

回転をかける感覚を付けるには良い練習になるので、意識して回転をかけるようにしましょう。

 

そのとき打点を高くしてしまうと回転をかけなくても叩きつければ入ってしまうので腰の高さまで落として打つようにしましょう。

 

ドライブボレーを打つとき入れば良しではなく、腰の高さで打って入るように意識しましょう。

 

スイングスピードが上がる

次に得られるメリットとしてスイングスピードが上がるという効果があります。

 

ノーバウンドで打つドライブボレーは通常のグランドストロークに比べて、しっかり打たないとボールが飛ばなく、パワーがある程度必要になります。

 

このパワーというのは単純な筋力というわけではなく、運動連鎖から生まれるパワーのことです。

 

ドライブボレーではボールを飛ばすために、この運動連鎖を利用したパワーが必要であり、繰り返しドライブボレーの練習をすることで身に付きやすくなります。

 

適切な打点でボールを捉える癖がつく

3つ目に適切な打点で捉える癖がつくように、または力の入りやすい打点を知ることができるようになります。

 

ドライブボレーは前述した通り、パワーがある程度必要になり、不適切な力の入りにくい打点でボールを捉えてしまうとコントロールがかなりしにくうなりミスが増えます。

 

適切な打点で捉えると力が入りやすくなるので良いボールが打てるようになりミスも減るので、練習を繰り返していくと自然と良い打点で打つ癖がつくようになるのです。

 

 

あとはここで覚えた打点をグランドストロークを打つときも意識すれば、驚くほど簡単にボールが打てるようになっているはずです。

 

正しいフォームが身につく

ここま紹介した3つのメリットのおかげで最終的には正しいフォームが身につくことになります。

 

ドライブボレーの練習というのは高い効果が得られる期待がありますが、練習の意図を理解していないとなかなか効果がないので、ここで紹介したことを頭に入れて練習に臨んでいただければと思います。

スポンサーリンク