テニスのテイクバックでプロは必ずと言っていいほどラケットヘッドを立ててますよね。

 

一般プレイヤーの中には自分はヘッドを下げていた方が安定するのになんでヘッドを立てているんだろうと疑問に思っている方もいることでしょう。

 

この記事でテイクバックでラケットヘッドを立てる理由・メリットを書いていきます。

 

何故ラケットヘッドを立てるのか

何故ラケットヘッドを立てるのかというと、簡単に言えばそうしたほうがパワーが出るからです。

 

ラケットヘッドを立てた状態から脱力してラケットヘッドが落ちることでラケットの重みを利用した状態でボールを打つことができるので、力がなくても遠心力を使って力のあるボールを打つことができます。

 

また。ヘッドが立っていれば高く跳ねるボールに対しても上から叩いて打つことができるので攻撃的なプレーができるようになるんです。

 

逆にラケットヘッドが下がった状態でテイクバックしてしまうと、速いボールにも打点が前で取りやすいというメリットはありますが、力のあるボールが打てなかったり、高い打点のボールが打ちにくいというデメリットが出てしまいます。

 

まとめ

フォームが身についていないときはどうしてもラケットヘッドを下げてテクバックして安定させようとしてしまいがちですが、そうしてしまうと力のあるボールが打てないですし、その後の技術向上も難しくなってしまいます。

 

 

テニスがもっと上手くなりたい、強いボールが打ちたいという方は最初はミスが出ても仕方ないので、ラケットヘッドを立てるようにしましょう。

スポンサーリンク