ストローク力や体力強化のために、テニスでは2対1のストローク練習をすることをお勧めします。

 

2対1のストローク練習とは、その言葉のままで2対1でお互い全面でラリーをしていく練習です。

この記事では練習方法・注意することなどを書いていくので、参考にして部活やサークルで練習してもらえればと思います。

 

練習方法

この2対1のストローク練習ではお互いベースラインにポジションを取り、2人の方はオープンコートを狙いながら、1人の方はとにかくそれを拾ってチャンスがあれば攻めていくようにします。

 

このときお互いシングルスコートのみ狙い、アレーコートに打つのは禁止です。

1人の方は守りときはもちろん、攻めるときもシングルスコートを狙わないと試合に活きないのでそのことを頭に入れておく必要があります。

注意すること

この練習をするときに注意することとすれば、まず2人の方はとにかくミスをしないようにしましょう。

 

オープンコートを狙って1人の方を走らせようとすることは大切なのですがミスをしてしまっては練習になりません。

この練習の目的としては1人の方が動かされてもしっかりボールを入れることなので、ボールの質を落としてでもコントロールを優先しましょう。

 

きつい体勢のときはオープンコートでなく相手がいる場所に打っても構いません。

 

 

そして1人の方の注意することとしては、左右に動かされるようになるので速いボールや遅いボールを上手く使い、毎回適切なポジショニングを取るようにしましょう。

 

かなり左右に動かされたときに速いボールを打ってしまうとポジションを戻すことができず、ボールを拾えなくなってしまいます。

 

大きく動かされたときはムーンボールやスライスなどの遅いボールで時間を稼ぐようにしてポジションを戻せるようにしましょう。

 

そうすれば試合でもきついときは時間を稼ぐような癖がついて守備力が向上します。

あまり動かされていないときは速いボールを使い、動かされたときは緩いぼるを使うようにして使い分け方を身につけましょう。

まとめ

2対1のストローク練習というのは2人の方は単純にストロークのコントロール強化の効果があり、1人の方は体力強化や速いボールと遅いボールの使い分け、適切なポジショニングを取れるようになるという効果が期待できるとても良い練習です。

 

シングルスで試合に出るならこういった全面を使った練習をしないと動きに弱いプレイヤーになってしまいます。

 

この練習をして動きに強くなり、シングルスで良いプレーができるようになってもらえればと思います。

 

スポンサーリンク